あついぞ.comは熊谷周辺の情報発信ポータルサイトです。
「あついぞ!熊谷」シンボルキャラクター:あつべえ
  

イベントカレンダー
前月2019年 3月翌月
1
聖天山朔日参り朝採り野菜市まちなか交流広場  囲碁・将棋サロン
2
熊谷市レクリエーション協会~レクリエーションの集い~コミュニティスペース 二十二夜〔熊谷の結わえるトコロ〕
3
星川あおぞら市荻野吟子の誕生日を親子で祝おう
4
まちなか交流広場  布あそび幼年消防クラブ「消防車両絵画展」
5
献血(熊谷市役所)幼年消防クラブ「消防車両絵画展」
6
まちなか交流広場 習字を楽しむ会幼年消防クラブ「消防車両絵画展」
7
まちなか交流広場  健康マージャン妻沼図書館ちいさいこのおはなし会
8
まちなか交流広場  囲碁・将棋サロンオレンジカフェ(認知症カフェ)永寿苑
9
介護者サロン熊谷ほっとたいむ埼玉県立妻沼高校写真部 第2回校外写真展 希風堂寫眞館
10
まちなか交流広場  「女性のためのヨガサークル」埼玉県立妻沼高校写真部 第2回校外写真展 希風堂寫眞館
11
まちなか交流広場  健康マージャン埼玉県立妻沼高校写真部 第2回校外写真展 希風堂寫眞館
12
まちなか交流広場  健康マージャン埼玉県立妻沼高校写真部 第2回校外写真展 希風堂寫眞館
13
まちなか交流広場  健康マージャン2019年3月13日(水)【熊谷エリア】おしごと相談会
14
まちなかで気仙沼の魚が買えるよ!プロジェクト妻沼図書館ちいさいこのおはなし会
15
玉井大神社 だるま市熊谷図書館ちいさいこのおはなし会
16
勤労会館祭りスポーツフェスティバル
17
歩け歩け大会6か国を学ぼう!遊ぼう!体験しよう!
18
まちなか交流広場  ロコモ体操具象美絵画三人展~利根川哲・中條則江・横山ゆり~
19
具象美絵画三人展~利根川哲・中條則江・横山ゆり~まちなか交流広場  フラダンス ラウナ・アロハ
20
まちなか交流広場  セラバンド体操・折り紙『熊谷なないろ食堂』(毎月第3水曜日)
21
大里図書館子ども映画会オレンジカフェ(認知症カフェ)ほほえみ
22
まちなか交流広場  囲碁・将棋サロン埼玉県立熊谷工業高等学校 第3回学外展
23
埼玉県立熊谷工業高等学校 第3回学外展熊谷図書館おはなし会
24
観音山 春の自然観察会埼玉県立熊谷工業高等学校 第3回学外展
25
まちなか交流広場  健康マージャン埼玉県立熊谷工業高等学校 第3回学外展
26
埼玉県立熊谷工業高等学校 第3回学外展オレンジカフェ(認知症カフェ)熊谷よってきな
27
埼玉県立熊谷工業高等学校 第3回学外展まちなか交流広場  「まちなかパソコンの会」パソコン教室
28
まちなか交流広場  健康マージャン妻沼図書館ちいさいこのおはなし会
29
まちなか交流広場  囲碁・将棋サロン熊谷高校應援團展示会
30
熊谷高校應援團展示会江南図書館春休みおはなし会
31
熊谷高校應援團展示会第3回こども食堂わっか
実施日 実施日  

今日の予定

今後の予定

応援
応援 : あついまち熊谷のバリアフリーマップ『あのくま』
投稿者 : kuma06 投稿日時: 2017-01-30 10:40:43 (1563 ヒット)
  • 印刷用ページ

あついまち熊谷のバリアフリーマップ『あのくま』 2016年4月に完成しました!
以下、市報2017年2月号より転載 http://www.city.kumagaya.lg.jp/

市内のバリアフリー情報をぎゅっと凝縮したマップ あのくま
このマップでは、お店や公共施設などのバリアフリー状況をわかりやすく掲載しています。
◆都市計画課(大里庁舎)TEL0493-39-4814

立正大学の学生さんが市内を調査して作成!
このマップは、市民協働「熊谷の力」事業により立正大学の学生さんが中心となって作成したものです。
作成に当たり、熊谷駅周辺の店舗へのアンケート調査や訪問調査を行い、これまで提供されてこなかった
バリアフリーに関する情報を集め、1年をかけてまとめました。
掲載施設・お店は122件で、「車いす対応トイレあり」、「おむつ交換台あり」など31種類のマークが各施設
ごとに掲載されています。下記の施設で無料配付しています。

配布場所:障害福祉課、各行政センター地域振興係、熊谷駅観光案内所

マップを作った学生さんに話を聴きました
「実際に、お店を調査し感じたことは、“ハートフルタウンくまがや”らしいお店の方のおもいやりや人柄が、
行く先々のお店に表れていたことです。
このマップは、完全にバリアフリー化されたお店や施設を集めたものではありません。
今後も、全ての施設をバリアフリー化していくのは難しいかもしれませんが、それを補う気遣いや手助けは
すぐにでもできます。
このマップがきっかけとなり、人々の間に交流が生まれ、互いの理解を深め合う心のバリアフリーが進む
ことを願っています。」

立正大学社会福祉学部 ボランティア活動推進センター
真船 亮さん、伊藤 智洸さん、池澤 誠さん、後藤 祐真さん 

歩車道の段差2㎝解消へ!熊谷生まれのUDブロック
横断歩道と車道の境には、必ず2㎝の段差があり、この段差によって目の不自由な方は、
自分が車道に出たことを認識することができます。
しかし、車椅子利用者にとって、これらの段差が通行の大きな障害となっていました。
この相反する2つの問題を解決するため、生まれたのが熊谷UD(ユニバーサルデザイン)ブロックです。
2本の溝によって車輪がスムーズに進み、真ん中に段差を設けることで目の不自由な方にも配慮しています。
また、中央部分を青色に塗ることで、利用者が遠くからでも溝の位置を認識できるように工夫しています。

みんながお互いに思いやりを持って笑顔あふれる街にしていきたいにゃ〜


このマップはボランティアセンターの学生が中心となって熊谷市と協働で作成しました。

駅周辺の道路や公共施設、店舗などのバリアフリー情報をアンケートや現地調査を行い載せました。
このマップをきっかけに様々な人々の間に交流が生まれ、
お互いの理解を深め合う心のバリアフリーが進むことを願っています。
 

熊谷市ホームページ「あついまち熊谷のバリアフリーマップ「あのくま」」からpdfとテキストファイルが御覧になれます。
http://www.city.kumagaya.lg.jp/about/soshiki/toshi/toshikeikaku/kyokatodokede/barrier_free/barhurimap.html



(c)2007-2019 あついぞ.com