あついぞ.comは熊谷周辺の情報発信ポータルサイトです。
「あついぞ!熊谷」シンボルキャラクター:あつべえ
  

イベントカレンダー
前月2018年 6月翌月
1
聖天山朔日参り朝採り野菜市まちなか交流広場  囲碁・将棋サロン
2
新指定文化財公開星溪園 楽しいお茶会
3
星川あおぞら市第42回 歯の相談室
4
熊谷市文化財リーフレット刊行記念講座 「歴史的建造物と伝統芸能の保存」まちなか交流広場  布あそび
5
Classic Guitar発表会『音に夢をのせて』ほたる鑑賞案内所
6
まちなか交流広場 習字教室こころの健康相談
7
まちなか交流広場  健康マージャンほたる鑑賞案内所
8
まちなか交流広場  囲碁・将棋サロン農業大学校農産物直売会
9
サバイバー茶話会新指定文化財公開
10
第41回埼玉土建住宅デー立正大オープンキャンパス
11
まちなか交流広場  健康マージャン農業大学校農産物直売会
12
県立東松山特別支援学校学校公開ふれあい喫茶こっこ
13
まちなか交流広場  健康マージャンほたる鑑賞案内所
14
まちなかで気仙沼の魚が買えるよ!プロジェクトほたる鑑賞案内所
15
農業大学校農産物直売会まちなか交流広場 うたごえ広場(午前:おしゃべりサロン)
16
おしゃべり音楽サークルぽっぷりーずほたる鑑賞案内所
17
星溪園 楽しいお茶会ほたる鑑賞案内所
18
まちなか交流広場  ロコモ体操農業大学校農産物直売会
19
熊谷わくわくウォーキング教室まちなか交流広場  フラダンス ラウナ・アロハ
20
認知症介護家族のための研修会まちなか交流広場  セラバンド体操・折り紙
21
まちなか交流広場  布あそび青美会展
22
まちなか交流広場  囲碁・将棋サロンマンション管理に関する無料相談会
23
『魅力まるごと いまドキッ!埼玉』コンサート×おしばい「ベートーヴェン物語」
24
妻沼地区合同企業説明会第3回レアレアの集い
25
まちなか交流広場  健康マージャン「シニア向けお仕事説明会」
26
まちなか交流広場  フラダンス ラウナ・アロハ青美会展
27
まちなか交流広場  「まちなかパソコンの会」パソコン教室ヒートベアーズ vs福島
28
まちなか交流広場  健康マージャン『熊谷なないろ食堂』(毎月第4木曜日)
29
まちなか交流広場  囲碁・将棋サロン農業大学校農産物直売会
30
第6回 市民公開講座 姿勢から考える健康【ホーム戦】ヒートベアーズ vs群馬
実施日 実施日  

今日の予定
  全日イベント
青美会展
  10時00分 - 16時00分
まちなか交流広場  囲碁・将棋サロン
  13時00分 - 16時00分
マンション管理に関する無料相談会
  14時00分 - 15時00分
農業大学校農産物直売会

今後の予定
  (継続中) - 6月22日
青美会展
  (継続中) - 16時00分
まちなか交流広場  囲碁・将棋サロン
  13時00分 - 16時00分
マンション管理に関する無料相談会
  14時00分 - 15時00分
農業大学校農産物直売会
  6月23日
コンサート×おしばい「ベートーヴェン物語」
他 843 件

NEWS
NEWS : 【特別展示中】熊谷市文化財を新指定ー「みかりや」関連資料・「歓喜院仁王像」-
投稿者 : kuma09 投稿日時: 2017-06-22 15:07:55 (2734 ヒット)
  • 印刷用ページ

「みかりや」関連資料・「歓喜院仁王像」を新たに熊谷市の文化財に指定しました。

平成29年3月16日開催の熊谷市文化財保護審議会において「みかりや」関連資料及び
「歓喜院仁王像」の2件について熊谷市の文化財に指定するにふさわしいとの答申が
出されました。これに基づき平成29年3月31日の熊谷市教育委員会において審議を
したところ、共に承認され、同日付で熊谷市の有形文化財として指定されました。

指定文化財概要

1.「みかりや」関連資料
名称   「みかりや」関連資料 一括(版木・看板・関連文書・日本画・型紙)
版木(16点)、看板(12点)、諸帳面・記録簿(8点)、
絵馬講連名帳等(21点)、書状・収蔵書等(5点)、
日本画「架鷹図」(かようず)(2点)、絵馬型紙(約300件)
種別・種類 有形文化財・歴史資料
所在地   熊谷市久下(一部、埼玉県立歴史と民俗の博物館寄託)
所有者   個人
概要
久下の戸森家は、「みかりや(御狩屋)」と号し、代々茶屋を営むかたわら、上岡の馬頭観音
(東松山市妙安寺)で売り出す絵馬を描いており、絵馬の型紙や「みかりや」に関連する古文書
を所蔵している。「みかりや」の屋号は、忍藩主が狩りのときに休んだことが由来とされてい
る。その際に授けられたと伝えられる鷹図等がある。また、渓斎英泉「岐阻(木曽)道中 熊谷
宿 八丁堤景」は、中山道熊谷宿を描いた絵画であり、「みかりや」が題材となっている。ま
た、薬の販売や各地の講中の定休所ともなっており、関連した看板や版木が残されている。
その家の資料群は、熊谷にとって極めて重要であり、絵馬や薬の販売など、近世・近代の
北武蔵の商家を考える上でも貴重である。

2 歓喜院仁王像

名称    歓喜院仁王像(2体)
種別・種類 有形文化財・彫刻
所在地   熊谷市妻沼(妻沼聖天山)
所有者   宗教法人歓喜院
概要
現在の歓喜院仁王門の左右に立つ阿形像と吽形像の2体である。
阿形像は、像高313センチ、吽形像は、像高315センチであり、市内の仁王像としては最も大きい。
東日本大震災の際に像が傾いたため修復を行った。
修復の時点で両像の胎内から木製の胎内札が発見された。その木札により、万治元年(1658)
に、鎌倉の仏師である雲海によって製作され、仁王門に安置されたことが判明した。当両像は、
造形上優れており、また、作成年代、仏師等が分かる貴重なものである。17世紀の妻沼聖天山
を知る上でも重要な歴史資料となる。

一般公開・講座情報

「みかりや」関連資料については、5月10日から江南文化財センター・ロビーで特別展示します。

(終了しました)4月26日(水曜)10時から、みかりやが所在した地区の久下公民館(熊谷市久下1434-2)において、
「中山道と熊谷の文化財」と題し、当資料を含む中山道に関連した文化財などについて解説する講座を開催します。

(当日受付、受講無料、講師:江南文化財センター 山下祐樹)

江南文化財センター
電話:048-536-5062(直通) ファクス:048-536-4575

熊谷市ホームページ「熊谷市文化財を新指定ー「みかりや」関連資料・「歓喜院仁王像」-」より転載。
http://www.city.kumagaya.lg.jp/about/soshiki/kyoiku/kounanbunkazaicenter/oshirase/shinshitei29.html

 

熊谷市文化財日記「熊谷市文化財を新指定ー「みかりや」関連資料・「歓喜院仁王像」- [お知らせ]」もご覧ください。
http://kumagayasibunkazai.blog.so-net.ne.jp/2017-04-13



(c)2007-2018 あついぞ.com